the man are worried

コンジローマの治療方法

a man is sad

性器、肛門といった感染経路にイボがたくさん出来てしまう性病、尖圭コンジローマ。放っておくとどんどんイボは増え、見た目にもよくありません。
口を使ったオーラルセックスでも感染するとされており、口の周りにイボが出てくる場合もあります。
特に女性の場合は口腔内でウィルスが猛威を振るった結果、口腔ガンになってしまう危険性が高まるので、注意する必要があります。
感染してしまった場合は、アルダラクリームという薬が役立ちますが、大事なのはやはり予防することでしょう。予防の方法としてはひとつ、尖圭コンジローマらしき症状の人との行為をつつしむこと。
不幸中の幸いで、この病気は見た目に症状が表れます。イボが異常に性器や口といった部位にできている人はこの病気になっている可能性が高いので、性行為を避けることで予防することができるのです。

アルダラクリームは、イミキモドという成分によってイボを消す効果がある薬ですが、アルダラクリームでは間に合わないほどイボが発生してしまった場合は、外科手術が必要になります。
イボを取る手術自体は難しいものではなく、時間もそれほど要しません。
しかし、尖圭コンジローマはアルダラクリームや手術でイボを取ったからといって安心できるものではありません。
アルダラクリーム、そして手術はイボを取り、ウィルスの働きを抑えることができます。しかし20%以上の割合で、ウィルスが再び活性化して再発してしまう場合があるのです。
繰り返しになりますが、この病気は早めの治療がカギです。再発の可能性を抑え、出来るだけ簡単にイボを取るために、早めにクリニックへ行きましょう。